骨粗鬆症を予防しよう|骨は体の基盤になる

熟睡を取り戻すために

	看護師

CPAP療法の効果

近頃よく眠れず、日中の眠気に悩まされているという人は少なくありません。睡眠障害の原因は数多く挙げられますが、中には睡眠中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群の人もいます。1日平均7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸、または1時間に5回以上の無呼吸が発生することがこの病気の診断基準です。無呼吸とは10秒以上の呼吸停止を言います。睡眠時無呼吸症候群には中枢性と閉塞性の2種類があります。呼吸中枢に異常があって呼吸が停止する中枢性は、睡眠時無呼吸症候群の中でも稀な例です。大半を占める閉塞性では、肥満や喉の形状などが原因で気道が塞がれて無呼吸が発生します。閉塞性の睡眠時無呼吸症候群でも、比較的軽症なら手軽なマウスピースの装着で症状改善が期待できます。マウスピースで改善できないケースでは、CPAP療法と呼ばれる治療法で熟睡を得られます。CPAP療法は睡眠時に鼻マスクを装着する方法で、マスクには装置から空気が常時送り込まれます。この空気には一定の風圧がかかっているため、気道が確保されて呼吸の止まるのを防いでくれるのです。眠気解消に最も効果の高いことから、CPAP療法の人気が高まっています。

肥満解消が症状改善の鍵

睡眠時無呼吸症候群の治療は内科で受けられますが、喉の形状が原因の場合は外科での治療が必要です。特に日本人は顎の小さい人が多く、肥満体型でなくても睡眠時に気道が塞がれることがあるのです。口蓋垂や扁桃腺・軟口蓋の一部を手術で切除することにより、無呼吸の症状も解消されます。外科療法は口蓋垂口蓋咽頭形成術の他、比較的軽症ならレーザー手術も可能です。肥満が原因で無呼吸が発生している場合は、肥満の解消が根本的な解決に結びつきます。マウスピースやCPAP療法でも熟睡は得られますが、喉の脂肪を減らせば器具を使わなくても呼吸が楽になるのです。睡眠時の姿勢を工夫することでも症状が改善できる場合があります。仰向けになるとどうしても舌が喉の奥に沈み込み、気道が塞がれやすくなるのです。睡眠中横向きの姿勢を維持できれば、呼吸が止まりにくくなります。また口呼吸の人はいびきをかきやすいので、鼻づまりを解消して鼻呼吸を心がけることも大切です。こうした自分なりの工夫でも症状が改善されない場合は、まず内科を受診して医師に相談してみるといいでしょう。睡眠時無呼吸症候群の治療は、心疾患や脳卒中などの病気予防にもつながります。